【修理待って!】iPhoneの充電ができない時の確認

ライフスタイル
ダンナ
ダンナ

去年買ったiPhone Xs、充電ケーブル挿しても全然充電されないんだけど!挿した瞬間は大丈夫なのに、しばらくすると充電されていないんだよね。。

ヨメ
ヨメ

え、もう壊れたの?!修理代って高いんだよね?数万円とかするんじゃないの?

こんな方は必見です!

iPhoneのドック部分(接続部分)が接続不良で、なかなか充電できない方

最近まで充電の調子が悪く、iPhoneのライトニングケーブルを接続してもすぐに接続が解除される問題に直面していました。(2週間くらい)

最初は車で出かけたときに、車内に放置して極度に熱くなったライトニングケーブルを挿したことで、中の基盤が変形したのでは?と思っていたのですが、結論、ちがいました!笑

以下の方法で私は解決しました!

iPhoneの充電ができない時の確認

用意するものは、たった1つ。

つまようじのみ!

意外や意外、つまようじでdockに溜まっているホコリを掻き出します。

これ、かなりの確率で直ります。

準備・確認事項

ポイントは本当につまようじだけです。

ティッシュなどで包んだりしてもいけませんし、綿棒なんて論外です。

iPhone傷つけまいと少し柔らかい素材を先端につけたくなりますが、それだと全然奥にたまったほこりは掻き出せません。

私も最初は少しびびってしまい、ティッシュに包んだ爪楊枝でゴシゴシこすっていたのですが、掃除した気になっていただけで、全く意味はありませんでした。

奥に埃が溜まっているかどうかチェックする方法として、ドック内部に光を当てて、基盤が奥の方に見えていれば問題ありません。

ちょっと灰色や黒っぽくもやもやっとしたような状況であれば、高い確率で埃が溜まっていると思います。

掻き出した結果

ゴッソリ取れましたー!!!

こんな大量のホコリ(繊維)が出てくるとは本気で思っていませんでした。

(これ全部ドック部分から出てきたものです、、、)

なんかすごく黒っぽいので、もしかしたら黒ズボンのポケットにiPhoneを良く入れていたからかもしれません。

とにかく爽快感しかありません。なんだったら次の1年後が楽しみになってくるレベルです。

と、自分の場合はこのようにホコリが大量にあったため、充電がうまくできない問題に悩まされていました。

もちろんホコリが溜まっていないのに充電がうまくできない方は、充電ケーブルが壊れているか、iPhone側が故障している可能性はあります。

※充電部の基盤を傷つける可能性があるので、くれぐれも慎重にほじくり返してください。

それでも解決しない場合

1.充電ケーブルを取り替える

iPhoneの充電ケーブルが断線している場合もありますので、いくつか別のケーブルを試してみましょう。

2.充電パッドで凌ぐ

iPhone Xより上位機種であれば充電パッドに置くタイプの充電で回避できます。急速充電に対応していない充電台があるので、そのときの充電の遅さは気になります。

3.諦めて修理に出す

ストレスを抱えるくらいなら、AppleのGeniusへ持ち込み修理をしてみましょう。

予約を早めに取らないと結構狙いの時間帯は予約で埋まってしまうので、善は急げです。

まとめ

私の場合はたまたまホコリを掻き出すことでiPhoneの充電ができるように回復しましたが、あくまで修理に出す前の最後の1手として考えて下さい。

スマート社会の現代で、スマホの充電が切れることは、結構致命的です。

たかが充電がしづらいだけ、と捉えるのではなく必要経費として修理に出すことをオススメします。

この記事を書いた人
のはら家夫婦

都内から地方移住した「のはら家夫婦」です。夫はアメリカでMBAを取得し、妻は人事畑の出身です。元々は国内外含め大の旅行好きですが、コロナの影響もあり最近は自宅生活を充実させることに必死です。夫婦で今までできなかった様々なこと(趣味、副業、資産形成、暮らしのアップデートなど)にチャレンジします!私たちだけではなく皆さんのタメになる情報も提供していきます!よければSNSフォローしてください!

のはら家夫婦をフォローする
ライフスタイル
ひとりよりふたりがいい!

コメント