【お宝見つかるかも?】いち早く実家の荷物を整理するススメ

ライフスタイル

こんにちは!のはら家夫婦です。

皆さんはご実家にある自分の荷物はどうされていますか?

一人暮らしを始めたばかりの頃は、必要最低限持ち運べば、実家がある意味で倉庫代わりになっていました。必要な都度、物を置いたり取りに帰ることもしばしば。実は私たちも数年前に結婚したものの、最近までお互いの実家に荷物(私物)が残っていました。

それではなぜ私たちが実家の荷物を整理し始めたのか、というと「客人」として家に帰る機会が増えたからです。

実家に残されていた私たちの荷物を見る機会が増える

結婚してからも、われわれ夫婦の両親はともに健在で、実家も比較的近い距離なので、定期的に会う機会があります。もちろん外食をする機会もあれば、家にお呼ばれされみんなで食事をすることもしばしばあります。

結婚してからしばらく経ちますが、お互いの実家に行くと自分たちの部屋はまだ残されていて、意外と実家ぐらしをしていた頃の荷物が一部残っていて、部屋の一角に集められている過去の産物を見ると、なんだか申し訳ない気分になります。

みなさんも、こんな気分にならないためにも、両親がまだ元気な時に、そして我々も体力が比較的有り余っているタイミングで実家の荷物を整理することをお勧めします!

今は元気でも両親だって年老います、一緒に荷物整理しよう

昔、実家を出たきり自分の部屋をそのままにしていたあなた。できるだけ早いタイミングで自分たちの荷物を整理しましょう。

と言うのも、自分にとっても両親にとっても今が一番若く、今が足腰のピークを迎えているからです。

今後、親が高齢とともにボケてしまう可能性もあるので、一緒に手伝ってもらうことを考えると、早め早めの対応が重要です。

もちろん重いものは若い自分たちで持つ必要がありますが、ちょっとした小回りが必要な時にフォローしてもらえるなど、実家の荷物を整理するとなったら両親は手伝ってくれるはずなので、早いタイミングから両親を巻き込んでいくことが非常に重要です。

私(旦那)の場合、私の親は丁寧に私の荷物を部屋の隅にまとめてくれていました。自分の荷物を色々整理していると、当時の思い出が蘇ってくることもあるので、自分たちが知らなかったエピソードを聞けるチャンスでもあります。このようなエピソードはあまり振り返って聞く機会がないので、タイミングとしてはバッチリですね。

当時のおもちゃなど出てきたときには、10歳ぐらいだった自分がいかにしてこのおもちゃを勝ち取ったのかと言うエピソードを聞くこともできました笑

値打ちがありそうなものについては出品できますし、当時は重要と思っていたものも数年、数十年経った現在では「不要」と言う判断もできるので、フラットな目線で実家の荷物を整理することができます。

両親のためにも自分の荷物はできるだけ片付けましょう!

将来のことを考えると、もし万が一、両親に何かあった場合、実家の片付けをするのは自分たちになるので、今の早いタイミングでまずは自分たちの荷物だけでも片付けることで、その後の段取りがスムーズになると考えています。

最低限自分の荷物についてはやはり綺麗に片付けておくとベター。余裕が出てきたら両親の荷物の整理をしてあげるとなお喜ばれます。

先ほども書きましたように、特に重い荷物を持ってあげることができるのでその点は非常に喜ばれます。私の場合はブラウン管テレビをゴミ捨て場まで持って行きました。

また親には子供たちが巣立った後の夫婦でのセカンドライフを十分に楽しんでもらうことを考えると、私たちの荷物をできる限り少なくすることで、地方移住や作業スペースの確保など、いろんな選択肢を与えてあげられます。(やはり子供の荷物と言うのは親からしたら捨てづらいですからね)。

私たちの荷物が原因で親のオプションが限られてしまうというのは親孝行とは言えませんよね。

もしかしたら実家には掘り出し物もある?

これはあわよくばですが、ネットオークションや中古品売買のサービスが充実している昨今の環境では、簡単に不用品をお金に変えることができます。

実家の荷物を整理するときに重要なのは、むやみやたらにものを捨てないことです。どんなに値打ちのないものだろうと思ったとしても、簡単で良いのでネットで下調べしておくことをおすすめします。

さすがに昔の自分の手紙などよほどの有名人ではない限り、売れないと思いますのでそれはスマホで写真を取った後、積極的に処分してください笑

私の場合は、まさか売れるわけないだろうと思っていたゲームセンターで手に入れたフィギュアや、使い古したミニ四駆、もう動かないのでは?と思っていたプレイステーション2など、ものは試しということで出品しましたが、実際に売れました。

昔はよく遊んでいたのですが、実家を出たタイミングで処分しなかったものが今となってはちょっとしたお小遣い稼ぎになりました。(コレクターグッズなどは、当時の定価よりも高い金額で売れました)

ちなみに私は、どさくさに紛れて親の不用品も一緒にチェックして、もう使わないであろう不用品についても事前にメルカリで相場をチェックして、そのまま出品しました。

親にも感謝され私は私で利益を得ることができたのでWin-Winな結果になりました。

まとめ

このように実家の荷物を整理すると家のスペースが広がる分、心の余裕も生まれポジティブな気分になります。

荷物を整理してあげることに、両親にとっても息子や娘が掃除をすることで、何か新たなことにチャレンジしようという意欲を与えることができますので非常におすすめです。

またちょっとしたお小遣い稼ぎにもなるので家計にもプラスになります。

もちろん親との関係性によってはなかなか物を捨てるまでうまくいかないケースもあります(私も親から本当にこれを捨てるの?あと何回も聞かれました)。

両親から物を捨てることについて、なかなか同意を得られない場合は対処法などもいくつかありますので、それについてはまた次のタイミングで紹介します!

この記事を書いた人
のはら家夫婦

都内から地方移住した「のはら家夫婦」です。夫はアメリカでMBAを取得し、妻は人事畑の出身です。元々は国内外含め大の旅行好きですが、コロナの影響もあり最近は自宅生活を充実させることに必死です。夫婦で今までできなかった様々なこと(趣味、副業、資産形成、暮らしのアップデートなど)にチャレンジします!私たちだけではなく皆さんのタメになる情報も提供していきます!よければSNSフォローしてください!

のはら家夫婦をフォローする
ライフスタイル
ひとりよりふたりがいい!

コメント