【テラスハウスで有名】軽井沢のそば屋さん冴沙に行ってきました

グルメ

お店に行ったきっかけ

コロナの影響冷めやらぬ、2020年8月下旬、テラスハウス軽井沢編で一躍有名になったお蕎麦屋さんへ行ってきました。

実は1年前の夏にもこちらのお店に行っていたのですが、まさかの「そば切れ」で早めの閉店をしてしまい、食べれなかったので今回は2回目の挑戦でした。

1回目は軽井沢駅から歩いてこちらのお店に向かったのですが、片道20〜30分の距離で流石にちょっと疲れました。

駐車場も10台ほど停めることができる敷地なので、できればタクシーか、レンタカーを借りて行くほうが良いです。(歩いて行ってそば切れだったときのショックは半端なかったです。。。)

テラスハウスで有名という文脈を知らない方にちょっと補足をすると、テラスハウスに出演していた「つーちゃん」こと「つば冴」の実家が経営している地元のお蕎麦屋さんです。

作中でもこちらのお蕎麦屋さんで撮影しているシーンが映っていたり、知る人ぞ知るテラハスポットです。

ちなみに、我々はもしかしたらテラハメンバーだった「つーちゃん」よりも、隠れファンが多いのではないかという「お父さん」にもお会いすることができました!

今回食べた料理

冴沙膳(てんぷら、ごはん、副菜、漬物、小そばセット)1,700円

天ぷらは海老天、茄子、さつまいも、かぼちゃ、大葉でした。

そばの太さはとても細く、とてものどごしが良かったです。

ちょっと量が物足りないかなと思いましたが、ご飯もあるので結果的には、お昼にちょうど良い量でした。

小そばセットですが、温そばやうどんも選ぶことができます。

穴子と野菜の天重(漬物、小そば付)1,500円

穴子の天ぷらも入っている天重セットです。

ふわっとした穴子がサクサクの衣に包まれているので、とても美味しいです

お店の感想

コロナの対応

コロナ禍での対応方法は以下の通りでした。

・フロアスタッフは全員マスク着用
・お店に入る前にアルコール消毒
・おしぼりは毎回新品
・お店の入り口は通気性を考慮して基本開けたまま
 (トイレの窓も少し開けています)

他の飲食店でも実施されている感染予防対策を取られていると思います。

我々が13時にお店入ったときは3〜4テーブルが空いていましたが、その後、13時半ぐらいには満席(待ちが2,3組いました)

待合所は少し密な感じがありましたが、順番は紙に書くことができるので、外でも待つことができます。

コロナ対応なのか、従業員も人数を絞って厨房やフロアを回しているようで、慌ただしそうでした。

見たところ、厨房2名、フロア2名の体制で回しているようでした。

お店の雰囲気

内装はいわゆるお蕎麦屋さんですが、天井がとても高く、開放感がありました。

照明カバーは紙でできていて、色合いも暖色系なので、とても落ち着いた雰囲気があります。

テーブルも広く使えるので、御膳を頼んだり、他の一品物を頼んでも十分テーブルに置くことができます。

ちなみに、有名なお父さんが見当たらなく「もう引退したのかな?」と思ったのですが、お会計のときに対応してくれました!(休憩中だったのかも)

とてもフレンドリーで温かみのある「お父さん」でした!笑顔が素敵!

軽井沢のお蕎麦屋さん=冴沙という方程式でぜひ行ってみて下さい!

お店の情報

店名:日本料理と蕎麦 冴沙
ジャンル:そば、うどん
住所:長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢1058-16
※軽井沢駅から徒歩20〜30分

この記事を書いた人
のはら家夫婦

都内から地方移住した「のはら家夫婦」です。夫はアメリカでMBAを取得し、妻は人事畑の出身です。元々は国内外含め大の旅行好きですが、コロナの影響もあり最近は自宅生活を充実させることに必死です。夫婦で今までできなかった様々なこと(趣味、副業、資産形成、暮らしのアップデートなど)にチャレンジします!私たちだけではなく皆さんのタメになる情報も提供していきます!よければSNSフォローしてください!

のはら家夫婦をフォローする
グルメ
ひとりよりふたりがいい!

コメント